webエンジニアで独立したい

webエンジニアとして働いて能力をコツコツと磨いていると、独立したいと思う時があるのではないだろうか。まず、webエンジニアの収入は、プログラマーなど他のエンジニアと比べると高水準な方である。独立した場合、うまくいけば倍くらいになるケースもあるのだ。しかし、なかなかそう簡単にいかないのが現状だ。
実際に独立して仕事をするとなると、どんな能力が必要なのかや注意するべきことがある。まず、独立するとなるとフリーランスとして働くか、起業して会社を作るかのどちらかになる。どちらにも必要になるのが、会社員時代に培った人脈である。理由として、始めの内は培ってきた人脈から仕事を回してもらうためだ。
というのも今までの経験を活かして営業活動を行い、新しい仕事を受注するのは最初は難しいのである。なので、最初は人脈から回してもらった仕事をやりつつ営業活動を行い、新しい受注先を探すことになる。それから自分で営業活動を行うので、コミュニケーション能力も必要になる。
また、収入の面で特に注意することは、仕事を受注していても場合によっては赤字になり、資金繰りに苦しむ時があるということだ。これはプロジェクトの進捗状況などによって入金がない月が発生してしまうからである。このように、最初から仕事を回してもらい、営業活動も順調にいけば年収は会社員時代の倍くらいになる。しかし、そのためには会社員時代に人脈をしっかりと広げておき、コミュニケーション能力も磨いておく必要があるのだ。