必要となりやすい人材の確保

webエンジニアの役割は、ネットサービスを稼働させるためのソフトウェア開発である。その役割はネットサービス開発の一部に過ぎず、webデザイナーなど他のスタッフの協力があって、ようやく1つのネットサービスを構築することができる。もしwebエンジニアが独立を目指すとしても、1人だけで高度な新規ネットサービスを開発するのは難しい。
そこでwebエンジニアが独立し新規のネットサービスを立ち上げる場合、他の役割分担を担当できる技術スタッフの確保が欠かせない。人材確保の手段としては、業界内で培ってきた人脈を活かし、知り合いをスカウトしてネットサービス開発に引き入れる方法がある。これまでの仕事の関係を通じて、すでにどの程度の仕事の能力を知っている人物であれば、その実力を信頼して仕事を頼みやすい。
一方で世間に広く求人情報を出すことにより、ネットサービスの開発に参加する人材を確保する手段も選択肢にはある。この場合、求人案件に応募してきた志願者をそれぞれに分析し、与えた仕事をこなせるかどうか実力を見極めなければならない。その上で、最終的に採用するかどうか判断が求められる。
このように独立して新しいネットサービスを立ち上げるなら、webのソフトウェア開発の役割とは別に、経営者の役割がどうしても必要になる。会社から離れて単独でサービスを立ち上げるつもりなら、人材を見極める経営に必要なセンスを磨くよう心掛けて、他人に判断を委ねることなく自分で決定できるようになった方が望ましい。